明新の不動産投資Real estate investment by Meishin

バブル崩壊後、銀行低金利時代に突入し、大半の方が貯蓄預金をどう運用していくべきか?、年金を払い続けて受給資格期間になっても、この少子化時代に満足に老後が過ごせるだろうか?、安定雇用のない世の中、先行きの不安をどう払拭して行くべきか?

など、様々な先行き不安になっています。

それとは別に富裕層は今現在、お金をどう活用しようか・・・
不労所得を得るにはどのように動きをとれば良いか?

と、リスクヘッジしながら安定収入を得られるモノを考えています。

その最中、株や外為でもなく、不動産投資が優れた投資活用のアイテムになりました。
不動産投資には下記の重要なメリットが御座います。

明新の不動産投資6つのメリット
メリット1

暴落の幅が少ない

メリット2

安定的な収入
大家さんになることにより、入居者様からの賃料という安定的な収入が得られます。

メリット3

私的年金の手段
公的年金と貯蓄のほかに、
投資用不動産をを購入して定年までにローンを完済させておけば、
老後に支給される公的年金に加えて、安定した家賃収入を得ることができます。
定年退職時にローン完済、もしくは退職金でローン残債を返済してしまえば、
それ以降は家賃収入から必要経費を差し引いた分が収入となり、
ゆとりのある老後生活を送ることができます。
※もちろんローン支払い時も家賃収入はローン額を大幅に上回ります

メリット4

生命保険の手段
投資用不動産をローンで購入すると、団体信用生命保険に加入することになります。
万一、ローン返済中に死亡したり、高度障害などの際でも、保険が適用され、
ローンの残債は保険から支払われます。
残されたご家族には債務のない物件が残り、月々安定した家賃収入があります。

メリット5

所得税・節税効果対策
不動産投資で得た収入には税金がかかりますが、
建物の減価償却費やローン金利などの必要経費が認められ、
給与所得や事業税などの他の所得から差し引き申告することで、
所得税・住民税の節税をすることができます。

メリット6

インフレの対策
現在、インフレ誘導政策が実行されていますが、
インフレになった場合、物価上昇にともない、
投資物件の資産価値や賃料の上昇が想定されます。
不動産投資はインフレ対策になるといえます。

お金というモノは本来、遣う為にあります。
眠らせているだけのお金に、価値はありません。
何の為のお金で、どうお金を遣うかが最大の価値観です。
不動産投資はそういう意味でも、価値のあるお金の遣い方の一つと考えれらます。
消費税が上がる気配が感じられる昨今、
後の駆け込み需要時には良いモノが得られなくなる可能性も秘めております。
動くなら「今」動いておくのがベターです。
これも先見の目の一つと言える賢い買い物の動き方といえるでしょう。

※他社の場合、5,000万円(例題)の物件を自社で買い入れ、
お客さまに6,000万円前後で売って利益を得ます。
当社は仲介なので良い物件を良い価格のまま、ご紹介できます。

株式会社明新建物
代表取締役佐藤武志
東京都知事(2)第88479号

お問い合わせはこちらから