リノベーションシェアマンション投資

不動産投資において建物の価値に着目すると、一般的に新築時から築年数を経るとともに価値は減少していきますが、減少の度合いはどの物件でも一律同じ割合、同じ曲線を描くわけではありません。 築年数が20年を超えるころには、建物の価値はほぼなくなるというお話を耳にされたこともあるかと思いますが、人が住む建物としての性能がゼロになるわけではないことは容易に想像がつくかと思います。 それでは、なぜそのような価値となってしまうか、そのヒントは「付加価値」にありました。

社会環境やライフスタイル、価値観も変わっていくのに伴い、不動産物件が市場に求められるニーズも変化して
いきます。
例えば現在は賃貸物件を探す方には、バス・トイレ別のお部屋の人気がありますが、数十年前に海外から入ってきた頃は、バス・トイレが一緒になっているお部屋は「見たことない」「映画のようだ」ととてもおしゃれに感じ、実際人気もありました。
それでは、建ってから時がたった物件に付加価値をどう与えるか。
明新建物のひとつの答えがリノベーションです。
修繕・メンテナンスなどによって劣化を補うだけだと、建物性能を一定の価値まで上げることはできるものの時代のニーズの変化へ対応するには弱い場合があります。
建物の使い方そのものを変えるリノベーションを施すことで、機能面での付加価値を創出できます。

さらに明新建物が考えたのは、シェアマンションという企画による付加価値です。
市場に物件が溢れ、物件をスペックだけで選ぶ傾向は縮小し、サービス面や、そこで暮らす近隣の住民といったソフト面や環境面の独自性が、多様化するニーズをとらえた提案となることを確信しています。
競合物件との差別化をはかることで、ターゲットを絞るように見えても本当に“選ばれる物件”となることで、
商品力を強めていくのです。

ボディメイクハウスを知る

  • ボディメイクハウスコンセプト
  • 健康に正しく楽しくヘルシーマネジメントダイエットは
  • ボディメイクハウス鴻巣を見る